読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出のアルバム~梅の実学園イラスト集~

梅の実学園の仲間たちの各種イラストを紹介します。

慶明大学附属病院の職員たち(その6)

こんにちは!雄大(26歳・看護師)です。

今日は前回に引き続き、「慶明大学附属病院」の職員たちを紹介します。

こちら!

f:id:umenomi-gakuen:20160520200202j:plain

前列左から修翔(23歳・看護師)、春菜、実波(以上、24歳・看護師)、香奈恵さん(40歳・管理栄養士)、後列左から朋弥さん(28歳・看護師)、オレ・雄大、尊史さん(30歳・臨床検査技師)、優平(24歳・看護師)、孝幸先生(32歳・麻酔科医)です。

 

今回は精神神経科病棟、ICU、HCU、手術室などの医師、看護師らを紹介します。

孝幸先生は麻酔科医、香奈恵さんが栄養部に所属する管理栄養士、尊史さんが検査部に所属する臨床検査技師です。あとは看護師で、オレと春菜がICU、修翔と朋弥さんがHCU、優平が精神神経科病棟、実波が手術室にそれぞれ所属しています。

出身大学ですが、オレが「早勢大学」、孝幸先生、修翔、実波が「慶明大学」、尊史さんが「東西大学」、香奈恵さんが「松陽女子学院大学」、朋弥さんが神奈川にある「関東医療大学」、春菜が埼玉にある「埼玉共栄大学」、優平が愛知にある「あいち医療大学」をそれぞれ卒業しました。

 

それぞれの特徴ですが。

孝幸先生は先ほど言った通り、麻酔科医をしています。主に手術を受ける患者の麻酔管理が中心ですが、「ペインクリニック」外来で痛みを取り除く治療をしています。手術室の看護師の間では「麻酔科のプリンス」と称され、イケメンなんですが、実はまだ彼女はいないそうです…(^_^;)

香奈恵さんは主に入院患者の病院食の献立作成や週に1回に外来患者に対する栄養指導を担当していますが、スポーツ選手の栄養指導や大手食品メーカーなどのメニュー開発など、マルチに活動しています。家族はご主人(惣介・39歳・コンビニ関連会社勤務)と2人の息子さん(羽空・小5&青空・小3)の4人家族。妻として、母親として、仕事と家庭を両立しています。

尊史さんは放射線関連を除く検査全般を担当しています。主に心電図やエコーなどの機械を使った検査が中心。有名大学出身で、中学高校時代は理数系が得意だそうです。

優平は主に精神疾患で入院してきた患者の看護が中心です。実家は静岡で、学生時代は柔道をしていて、がっちりとした体型です。ちなみにうちの病院の精神神経科ですが、その昔は閉鎖病棟開放病棟のある大きな病棟でしたが、神奈川にある「慶明大学附属はこね病院」が開院してから、精神疾患の治療は「はこね病院」に9割シフトし、本院であるうちの病院では1割となりました。男性看護師の数も「はこね病院」開院前は20人以上いましたが、現在は優平を含めて5人しかいません。

実波は主に手術時の機械出しや裏方の仕事を担当。茨城出身の明るくてサバサバした性格で、学生時代はバスケをしていた男勝りな女子です。ちなみに手術室の部屋は6つで、うちの病院で手術をする患者は1日に3~4人ほど。手術の時間は患者や病状によって異なります。

次はHCUの2人。修翔は1年目の新米ナースで、その先輩が朋弥さん。修翔は一人前の看護師になるために毎日勉強三昧。実家は埼玉ですが、群馬に近い田舎町の出身。大学進学と同時に今のマンションで一人暮らしをしています。大学生の時はコンビニ弁当ばかり食べていましたが、今は自炊をするようになりました。同期の利音(23歳・看護師)らと一緒にごはん会をするのが楽しみなんだそう。朋弥さんは6年目ですが、チームリーダーとして後輩たちの指導をしながら自分の仕事をしています。学生時代はテニスをしていて、高校の県大会で優勝した経験があります。ちなみにHCUはICUよりもランクの低い集中治療室で、主に高度救命救急センターで運ばれた中程度の患者や手術を受けた患者などの看護が専門です。

最後はICU。春菜は2年目のナース。スポーツが得意な女子です。ちなみに春菜の担当プリセプターがオレでした。新人の頃は仕事ができなくて、よく注意をしましたね~。今は仕事にも慣れてきて、臨機応変な対応ができるようになりました。

オレですが、4年目のナース。重症患者を中心とした看護を主としています。新人の頃はあまりできなかったけど、今は難なくこなせるようになりました。中学からバスケをやっていて、高校ではインターハイにも出場しました。結果は1回戦敗退でしたが、いい青春時代でしたね~。昼休みはおにぎりやパン1個で済ませますが、同期の和弥(25歳・看護師)から、「少食だけど大丈夫?」って心配されました…(^_^;) たくさん食べると眠くなりやすいので、あまり食べないんだよね~。でも夕食はガッツリ食べますけどね。

 

次回は高度救命救急センターの医師と看護師、そして事務職員たちをお送りします。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村

芸術 ブログランキング


イラスト ブログランキングへ